即日おまとめローンなら三井

ダイワの円定期預金

ダイワの円定期預金

インターネット専用の銀行、大和ネクストは大手大和証券グループのネットバンクで、店舗を持たないネット専用の銀行とされています。この銀行の特徴は、口座が本人名義であれば他の銀行からでも振込み手数料が無料と言う特徴があります。 大和ネクストの円定期預金は、資産形成の為に有利な円定期預金がモットーとされ、その預入期間は1か月から5年まで幅広く選択する事が出来ます。取引同社の口座があれば24時間365日行える事から日中働いている忙しい方に取っても有利です。

独自の店舗、もしくはATMを持たないと言うスタイルゆえに、カードや通帳が発行されません。ユーザーに取っては、こう言った物の管理面も不要な為、手間要らずと言えるかも知れません。現金を取り扱う為には大和証券のキャッシュカードである”大和カード”の登録が必要となり、これが少々手間と言う声もあります。また、”キャッシュカードも無いのに銀行?”と、多少伝わりにくい点もあります。

ただ、このようなキャッシュカードや通帳にに掛かるコストが抑えられて居るので、その分金利の還元は多いとされています。気になるその金利面ですが、2013年04月24日現在で、預入期間1年の個人の場合だと、0.22%とされています。 モットーとしては、”お客様の資産を守り、育てて行く事”。その為に、円定期預金もはじめ、円普通預金に対しても金利が提供されています。

お得なサービスとしては、ボーナスシーズンに銀行側から利率の良い定期預金が打ち出されて来るので、これを利用して貯蓄を行うと便利でしょう。また、全ての運用機関において、元元の金額が減らないと言う”元本保証”と言うものを行っているのも、安心出来る所でしょう。 また、口座開設時に入金の必要が無く、その場合の手数料や管理費等も掛からないのはメリットと言えましょう。

”プレミアムサービス”も、上手く利用したいポイントの一つです。これは、「ダイワのツインアカウント」を開設している方が対象となるサービスですが、円定期預金 を利用する事で預け入れる金額や金利によって”プレミア プラチナ””プレミア ゴールド” ”プレミア シルバー”等のステージに分けられ、それぞれのステージによって、通常の金利よりも優遇された金利が提供されるサービスの事です。 これらの様々な特徴を踏まえながら、他の定期預金金利のシステムを導入している銀行と比較し、自分の資産を上手く、そして効率的に増やして行ける銀行を選んで行きたいものです。